スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年8月☆感想

アートホーム8月の児童家族の 感想 です。


 今回も楽しめました。ジャグ君のショーも良かったし。流しそうめんと白玉も美味しかったと
子供たちが言ってました。
前日の水鉄砲づくりをした後、水鉄砲でさんざん遊んだので当日は、『昨日したからいい。』と参加せずに終わりました。
Tシャツ作りは、絵の具を使えたので楽しくペイントしてました。
親としては、子供に気を取られて準備などを手伝えなかったのが申し訳なかったです。
氷を持って来すぎて、クーラーボックスに飲み物を入れて冷やすスペースが少なかったのが気になりました。
暑かったので遊戯室でお絵かきやゆかり先生に体を張って遊んでもらい感謝します。

 夏休みの感想は。。二回目だったからか、○○ちゃんが成長してたのかわかりませんが、
去年より、リラックスしてたと思います。
自分が関心のあるものは(流しそうめん)私に頼らず積極的に、
自分がのらないものは(水鉄砲のかけあい)すーっと去って、自分のリラックス出来る所でシャボン玉をしてる所なんかは上手に過ごせてるなぁ~と思いました。
後、今年はお部屋にクーラーがついてたので、暑がりの○○ちゃんは過ごしやすかった様です。
学生さんが今年は多かったので、たくさんの人と関われたり、安全面で安心感がありました。
学生さんの優しい笑顔やさりげないサポートにいつも感心し、ありがたく思います。
無事に楽しく終われて良かったです。  

 夏祭りは親子で楽しく参加出来ました。
子供達も興奮してましたが「作品に飾り付ける」内容だったので、落ち着いて参加出来たと思います。
流し素麺も美味しくいただけました。
白玉は心配してましたが、学生さん達がテキパキと仕上げてくれましたね。
朝一、園長先生がクーラーを付けて下さり助かりました。
一日の流れも無理なく、子供達も各々 自分のペースで楽しめたと思います。
ボランティア、学生の皆さんに感謝しています。

 初めての参加で戸惑って拒否する場面もありましたが、
みんなが活動しているといつのまにか参加してました。
流し素麺は素麺が流れるのを待つ→掬う→入れる→食べると言うのが難しかったのかな!?
また座って食べないと落ち着かなかったようで、
座る所を決めて私が素麺を入れてあげてパクパク食べ始めました。

 怪我や大きなトラブルもなく、無事に終える事が出来て、本当によかった。
スケジュール表みたいなものを 親と学生が持ち、スケジュールを把握出来たらな。と思った。
保護者の役割分担を 決めて、進行出来たら、いいと思った。        

 夏祭りは毎年流しそうめんを楽しみにしていたのですが、今回は姉弟揃って体調が悪く、
○○だけの参加で、それも途中で帰ることになり、とても残念でした。
皆さん、暑い中ご苦労様でした。準備、後片づけも何も手伝えず、申し訳なかったです。
○○は来たがっていたので、しんどそうでかわいそうでしたが、流しそうめんの雰囲気を味わえただけでもよかったです。
水鉄砲は予想通り興味なく絵を少し描いただけでしたが、家のお風呂では弟も気に行って遊んでいたのでよかったです。
来年は是非また参加したいです。

 子どもは今年も流しそうめんをずっと楽しみにしていました。
事前のお手伝いは結局あまりできなくて、地域応援団の皆さんには
本当に感謝の気持ちでいっぱいですm(_ _)m
学生さん達も常に声をかけて頂いたりと子ども達一人ひとりに目を配って頂いて嬉しかったです。
また、今年はひまわりの部屋を使わせて頂き、人の多さに疲れた子ども達にはとても助かりました。
楽しい一日を過ごす事ができました。ありがとうございましたm(_ _)m

 いつもの大道芸人のジャグ君には、子どもも大喜びで見る事ができ おもしろかったです。
初めは子どもの担当の方が、わからなかったのですが、途中からお姉さんがついてくれて、水鉄砲に色塗りができました。
最後までうちの三兄弟に離れずについてくれてので、とても助かりました。
広々とした所で自由に走り回れたので良かったです。
メダル渡しは誰に渡したらいいのか、子どもがわからなくなった場面がありました。
白玉作りは作るスペースが少なかったので作れない子がいました。
でも、白玉は上手に作れておいしかったです。

 今回は地域応援団の人にメダルを渡せて、
またみんなで一緒にジャグリングをみれたのはすごく良かったと思います。
また子供達に担当の学生さんをつけた事によって、安全面や進行がスムーズにいったように思います。
今回は大きな作品もプールも無かったけど、1つ1つがゆっくりと参加出来て良かったと思います。

 今回は学生さんの段ボール創作や、プールがなかったので、ゆったり過ごせた気がします。
盛りだくさんすぎても気持ちが散漫になるので、ちょうどいいスケジュールだったと思います。
白玉づくりが好評で、翌日も自宅で作りました。
水鉄砲は、大智は服がぬれるのが嫌で、すぐにやめてしまいましたが、はまる子ははまっていて楽しそうでした。
地域応援団の方達には今年もたくさんお世話になりました。ありがとうございました。

 今年はかってない猛暑の中、たくさんの方々の手をお借りして、ゆったりとした、それこそ「アットホームなアートホーム」の夏まつりなったと思います。
私たちも2回目の参加でしたが、学生さん達は、毎年メンバーが変わるので、だいたいの流れが分かる保護者が、自分の子どもの理解度に合わせて、活動を知らせてあげること(タイムキーパー的にも)も、必要かなと感じました。
全体的にリラックスして参加できていたように思いました。
水でっぽうも、竹のものは珍しいし、遊びとしても楽しかったですし、なかなかできない経験をさせてもらえました。
いつも一生懸命遊んでくれる学生さんたちに感謝です。大阪大谷大学の学生さんたちもすごく感じよく、
自然に手伝って下さって、とても助かりました。
あと、ジャグくんが、地域応援団の人たちが帰る時に、子どもを門まで連れて来てくれて、
うちの子じゃないんですが、お礼を言わせてくれました。
母親が言うと「えーっ」と拒否することも、大好きな学生さんが言ってくれると、素直に従うこともあります。
社会性に困難さを抱える子ども達なので、こういう働きかけをしてもらえるのも、とてもありがたいなぁと思いました。
今回に限らず、アートホーム全体の活動を通して言えますが、子ども達にとって、家庭や学校生活以外で、理解されながら楽しく活動できることは、今後の社会生活への大きな自信になると思います。
感じ方や表現方法が特異なことから、そうは見えなくても不安を抱えている彼らが、アートホームで受け入れられていることを感じ、
たくさんの達成感を得て、「楽しい」と思えることが、どれだけ彼らの今後の支えになることかと思います。
どうぞ、これからも、よろしくお願いします。

 初めての夏祭り参加でした。天気もよく楽しかったです。
流しそうめんが、あんなに楽しく食べてくれるとは思ってなかったので、驚くほど美味しそうでした。
白玉も美味しくいただけ、食べる事は思った以上に楽しめ参加してよかったです。
幼稚園の動物に癒されつつ、好き勝手してましたが、大谷の学生さんが付いていてくれ大変助かりました。
私が、なかなかお手伝いが出来ず、何をしたらいいか気がつかなく、申しわけなかった思いでした。
楽しい機会を感謝しています。有り難うございました。

 今年は2年ぶりに大谷大学の学生さんにも来てもらいました。
2年前は、何を任せるかも考えず、ただお手伝いに来てもらっただけでしたので、何をしたら良いのかも分からず戸惑わせてしまい、申し訳なかった反省から、
今年は、担当児童をあらかじめ決め、「誰のサポートをすれば良いのか」を分かりやすく、また、児童にとっても、「誰と活動すれば良いのか」を、より分かりやすく出来たのではないか…と思っています。
今年の反省点は、
まずは、芸大の学生との段取り相談の機会を事前に設けた方が良かったのではないか?ということ。
保護者も学生さんも、お互いに相手が何をしようとしているのかの把握がしきれておらず、
予行日になって確認できた事柄も多々あったためです。
2つ目の反省は、メダルを渡す時。
1人2つのメダルを作り、学生さん&サポートの方&施設を貸して下さる幼稚園の先生へ、感謝の気持ちを込めて渡そう!
との企画でしたが、主導者の心の迷いが乗り移ったかのような混乱状態…
もっと、保護者の皆さんと計画を練る時間が取れたらなあ~と思いました。
3つ目の反省点は、同じく意思の疎通不足の問題点でした。
竹の加工日を夏祭り前日に設け、地域応援団のみなさんと、保護者とで、長し素麺用の樋と支え台をつくり、水鉄砲はキットとしてまとめるだけの予定でしたが、
伝達不足で、前日に水鉄砲も完成してしまい… 子ども達の体験がひとつ減ってしまいました。
4つ目は、学生さんとの反省会で発見!
ジャグくんが、今年度の学生代表に「代表は監督。動きすぎないこと。口だけ出してジッといたほうが良い」
「代表が動きすぎると、周りの人が、聞きたいことがあっても聞けない」
ナルホドなぁ…。ついつい走り回ってしまう自分にもあてはまりました。
来年もまた「なつまつり」をするという選択になったなら、
今度こそ!どーんと落ち着いていられるようにしていきたいと思います。

    

(以下、ジャグくんことSOLAクンの㌻より転載しました。一部編集しています。)

8/23:ぽぽぽぽぽーん!
SOLAでーす!
今日は『ART HOME』という子どもたちのボランティアサークルの夏祭りに行ってきました。
『ART HOME』とは、お絵かきとか物を作ったりして子どもたちと一緒に遊ぶ団体で、SOLAも学生時代から参加していました。
ショーは最初に気分程度にダイススタッキングとボール1~7個をぱぱっと10分でしました。
だー・・・いぶ盛り上がっていい感じでしたが、7ボール4回ぐらい失敗しました。
2日連続でガーンです。
胃にガツンと来ましたね(笑)。
疲れなのか、暑さなのか、とりあえず、猛練習します。
くそー(涙)。
その後は、水鉄砲をみんなで作りました。
ペットボトルに穴を開けただけの簡単なものと、竹を使った伝統志向の2種類。
みんな真剣に作っていました。
SOLAは一人の男の子が色テープでシマシマ模様を作るのを手伝い・・・というか実況解説みたいなことしてました。
あんまりに真剣になっていて横にお母さんいるのに、ハっと途中で
「おかぁーさんどこー!」と言ったので、
「そこや。」っていいました(笑)。
かわいいなー。
お昼は恒例、流しそうめん。
みんなでわきわき食べて、白玉団子作って食べました。
むちゃくちゃ、ちっちゃく団子を作って
「8個も食べれるかな?もう一個増やそ!」ってやってる子がいました。
その後はお待ちかね水鉄砲遊び。
SOLAも参戦して、子ども、後輩、知らない学生関係なしに水をかけまわっていました。
正直卒業して結構経つので知らない後輩も多かったですがペットボトルに水を入れて背中にさしてやりました。
まぁ、SOLAは服着て泳いだぐらいドボドボになりましたが。
ちゃんと着替えを持ってきているのが、子ども遊び玄人SOLA。
その後、絵本の時間をして、終了!
帰りにSOLAが一人ずつバルーンのプレゼントを作りました。

終わった後、お母さんとメンバーで反省会をしたんですが、その中で印象的だったのが、
『自閉症』という病気のネーミングがおかしいと言っていました。
「うちの子なんか知らん人にまで自分の感想とかいうで、『自開症』や。」
ホントそうですよね。自分も思うんですよ。
正直、自分は病気とも思いたくないですけどね。
元気120%な子どもですよ。
子どもが集まって、バラバラにゲームとかやってる光景を最近見るんですが、そっちの方が自分には理解できないですからね。

もし、興味があったらART HOMEをどうぞ。
すごいですよ。
さすがに、毎月の活動にはもう参加していないので、約一年ぶりに会った子たちは、体も心も大きく成長していました。
ほとんど初対面の人とコミニケーションがとれなかった子が、ものを探していると無言で差し出してくれたり、
ひとりで落書きをしてるだけだった子が、けんかの仲裁をしたりしていて、うれしかったです。
いっしょに最近の仮面ライダーの話題で盛り上がったり(笑)。
あ、ちゃんとみんなSOLAのこと覚えていてくれたんですよ!
依頼というか遊んできたSOLAでした(笑)。

スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

アートホーム

Author:アートホーム
『アートホーム』へようこそ。

* * * * *
(2010/3/21)2007年度の記事をとぴあブログより転載しました。
***
(2011/3/22) 毎年、夏祭りでお世話になっている芸大の卒業生 『大道芸人 SOLA』のページをリンクに追加しました。
***
(2011/10/9)つなごうあかり展でお世話になった
「筆屋ギャラリー」と「筆屋和紙之介の日記」をリンクに追加しました。
***
(2012/8/25)大道芸人SOLA(ジャグくん)の新ページをリンクに追加しました。
しばらく旧リンクも残しておきます。

リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。